ひな祭りの由来!子供向けに説明するポイントご紹介!

スポンサードリンク

3月3日はひな祭りですね!女の子の成長と幸せを願うお祭りですが、その由来をご存知ですか?

お子さんに「ひな祭りの由来ってなぁに?」なんて訊かれて、困ってしまった親御さんもいるのではないでしょうか?

hinamatsuri

今回の記事では、ひな祭りの由来食べ物の意味などを詳しく解説し、お子さんに訊かれても答えられるようにポイントをご紹介したいと思います。

ひな祭りの由来って?

まずは詳しく解説しますね。

昔の中国では、3月3日に手足をキレイに洗う事で、自分たちに起こる悪い事を水に流していました。その文化が日本に入ってくる際に、和紙などで作った人形(ひとがた)に災いを託し、川や海に流す事で災厄を祓う民俗行事になりました。これを「流しびな」と言います。「流しびな」は、人形作りの技術が発展し、立派な人形が作れるようになると、流すものから飾るものに変化しました。

また、貴族階級の子女が天皇の御所をイメージした御殿や飾り付けをして遊ぶ事で、健康と厄除けを願った「ひいな遊び」というものがありました。

そしてこの「流しびな」と「ひいな遊び」が、宮中から庶民の間に広まる間に、結びつき発展していったのが今の「ひな祭り」の原型です。上流階級では、嫁入り道具として豪華な雛人形を持たせるようになっていきます。特に、婚礼の様子を模したものが好まれました。

こんな風な経過を辿って、現在の「ひな祭り」の形になっていったんですね。

子供向けに説明するポイント

では、いよいよ本題です。お子さんに訊かれた時にどう答えたら良いのでしょうか?

大事なポイントは以下の3つです。お子様が大きくなるに連れて、少しづつ詳しく説明してあげると良いでしょう。

  • 昔は人形に嫌な事(災い)を託して流していた
  • ひな人形には守り神の意味がある
  • ひな祭りは子供の成長を願う日である

大切なのは、親がしっかり理解して、子供の理解力に合わせて、噛み砕いて説明してあげることです。

スポンサードリンク

ひな祭りの食べ物の意味は?

hinamatsuri-food

ひな祭りの食べ物にも意味があるんです。主な食べ物の意味は、以下の通り。

★ひし餅
ひし形の餅。こどもが健やかに育つようにという意味があります。色にも意味があって、桃は「生命」、白は「雪の純白」、緑は「木の芽」を意味するそうです。

★ひなあられ
ひし餅を小さく切って揚げたもの。ひし餅と同じ意味を持ちます。関東と関西では、味と形が違います。関東は円柱形で甘いのに対し、関西は丸くてしょっぱいそうです。

★はまぐりのお吸い物
はまぐりは対になっている貝殻でなければぴったりとは合いません。そのことから良い夫婦の意味を持ちます。

★ちらし寿司
縁起の良い具材は祝の席に相応しく、鮮やかな彩りから定番になりました。えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でマメに働ける)などの意味が込められています。

何故、桃の節句というの?桃の花を飾るのは何で?

昔の中国では、桃の花は魔除けの力があると考えられていました。桃の花を可愛がり、桃の花を浮かべた酒を飲み、桃の葉を入れた風呂に入る事で、無病息災を願ったのだそうです。

その風習が日本にも伝わって、「流しびな」と「ひいな遊び」が合わさって現在の「ひな祭り」になる過程で、今のような形になったものと考えられています。

まとめ

いかがだったでしょうか?ひな祭りの由来、お子さんに教えられそうですか?

ちなみに、「ひな人形を片付けるのが遅いと、嫁に行き遅れる」というジンクスがありますが、ひな人形は婚礼の儀式を模したものですから、そんなジンクスが生まれたのでしょうね。お祝いが終わったら、速やかに片付けた方が良さそうです。

お子さんの健やかなる成長を願って、今年のひな祭りを迎えられると良いですね!

スポンサードリンク

CATEGORY :