ハロウィンの起源と仮装する理由を分かりやすく解説!

スポンサードリンク

ここ10年ほどで、日本でもすっかり「ハロウィン」が定着しましたよね!

今回の記事では、「ハロウィンの起源」「ハロウィンで仮装する理由」の2つに絞ってご紹介します!

ハロウィンの起源

ハロウィンは、毎年10月31日に行われるお祭りです。子供たちがお化けの仮装をして近所の家々を訪ねて歩き、ドアを叩いて「Trick or Treat?」(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞぉ!)と言って回ります。それぞれの家々では、子供たちがどんな仮装をしてやってくるか楽しみにしながら、お菓子を準備して待っているのです。

ハロウィンには2つの起源があると言われています。1つは、キリスト教の「万聖節」と呼ばれる行事の前夜祭で、亡くなった聖人たちを祭るカトリック教徒たちの儀式でした。もう1つは、紀元前5世紀頃の古代ケルト人たちの暦では11月1日が新年で、10月31日は大晦日に当たる日でした。この2つの行事が同時に行われるようになり、現在のハロウィンの原型となるお祭りが誕生したと考えられています。

ハロウィン期間中は、死者の魂がこの世に戻ってくると考えられるため、キリスト教では10月30日〜11月2日まで、死者を慰める行事を行うことがあります。まるで「日本のお盆」のような位置付けですね。

スポンサードリンク

ハロウィンで仮装する理由

halloween

さて、ハロウィンといえば仮装ですよね!日本でもハロウィンは年々盛り上がりを見せており、「ハロウィン=仮装イベント」という図式になっていますが、なぜ仮装するのか、その理由をきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか!?

ハロウィンに仮装する理由としては、この世に舞い戻ってきた悪霊たちを、魔女やお化けなどの仮装により怖がらせて、逃げ出させる為だと言われています。この世に戻ってきた悪霊たちは、人間にイタズラをしたり、災いをもたらしたりすると考えられ、追い払う必要があったのです。簡単に言うと、仮装には「魔除け」の意味合いがあるのです。

悪霊から自分たちの身を守るために、子供たちに魔女や死者の仮装をさせて街を歩かせたのが、ハロウィンで仮装することのルーツですが、今では仮装メインのイベントになっています。宗教的な意味合いは薄れ、秋のお祭り(≒仮装イベント)として定着しているのが現状です。

まとめ

今回の記事では、「ハロウィンの起源」と「ハロウィンで仮装する理由」をご紹介しました。今年のハロウィンは、あなたも仮装して街に繰り出してみては!?

スポンサードリンク

CATEGORY :