自宅で簡単!ドライフルーツの作り方を3つご紹介!

スポンサードリンク

実は・・・、私はドライフルーツが大好きなんです!いつもバッグに忍ばせてます。。。

dried-fruits

ドライフルーツって、保存が効きますし、どこでも気軽に食べれて便利ですよね!

ということで、今回の記事では、自宅で簡単にドライフルーツを作る方法を調べてみました!!

ドライフルーツの作り方①:天日干しで作る

make-dried-fruits

自宅でドライフルーツを作る最もシンプルな方法は、天日干しです!

用意するもの

  • 竹製などの平らなザル、または天日干しネット
  • 好きなフルーツ(果物)または野菜

作り方の手順

  1. フルーツをよく水洗いします。柑橘類は農薬が付着しているため、しっかり洗います。
  2. フルーツの皮を剥きます。りんご、みかん、レモンなどは皮付きでもOKです。お好みで。
  3. フルーツを5mm程度の薄さにスライスします。(この時に種や芯を取り除きましょう)
  4. りんご、梨などは、変色防止のため、濃度1%ほどの食塩水に15分ほど浸してください。
  5. 食塩水に浸したフルーツはしっかり水気を取り、ザルまたは天日干しネットの上に、重ならないように1枚ずつ広げて並べます。天気の良い日は直射日光の当たる場所に置き、夕方から朝にかけては室内で保管してください。定期的に上下を裏返しながら2週間ほど天日干しを続けます。お好みの硬さになったら、ドライフルーツの完成!1年以上の保存が可能です!

※注意点:湿気の多い時期に挑戦すると、カビが生えてしまうこともあります。扇風機などを使って風通しを確保するなどの工夫が必要になります。

スポンサードリンク

ドライフルーツの作り方②:オーブンで作る

天日干しで2週間なんて待てない!という方にオススメなのが、オーブン(電子レンジ)を使う方法です。

用意するもの

  • オーブン
  • オーブンシート
  • 好きなフルーツ

作り方の手順

  1. フルーツを5mm程度の薄さにスライスします。
  2. オーブンシートを敷いた天板に、スライスしたフルーツを並べます。
  3. 100℃のオーブン(予熱なし)で1時間程度を目安にフルーツを乾燥させます。表が乾燥したら、裏返して更に30分程度、裏も乾燥させてください。フルーツの種類やカットした薄さによって、オーブンで焼く(乾燥する)時間を微調整しましょう。
  4. カラカラに乾燥するまで焼く前に、砂糖で煮詰めたり脱水したり、シロップを掛けたりして、お好みの甘さに仕上げると良いでしょう。
  5. いよいよ完成!1年ほどは保存が効きますので、思う存分、自家製ドライフルーツを堪能してください!

※オーブンがない場合は、電子レンジでもOKです。こま目に加熱具合を確認しながら、お好みの硬さに調整してください!

スポンサードリンク

ドライフルーツの作り方③:食品乾燥機(ドライフードメーカー)を使う

食品乾燥機を使えば、薄くカットしたフルーツを並べるだけで、簡単にドライフルーツを作ることができます!値段も4000円前後からありますので、ドライフルーツが大好きな方は、購入してみても良いと思います!

食品乾燥機が自宅にあれば、ドライフルーツ以外にも、干し芋やビーフジャーキーなども自家製で作れますので、とても便利ですよ。我が家にはペットはいませんが、ペットが居る友人は、イヌに食べさせるジャーキーも手作りしているそうです。

photos by driedworld.com, cleveland.com

スポンサードリンク

CATEGORY :