アイスに賞味期限がない理由!あなたは知ってますか!?

スポンサードリンク

アイスは夏はもちろん冬でも食べたくなりますよね。ついつい買いだめして、冷凍庫の中で突如現れたりなんて経験がある方もいるのでは?

ice-cream

私自身もアイスが大好きなので、スーパーで半額セールをしている時などにまとめ買いします。先日、冷凍庫を整理していたら、いつ買ったものか分からないアイスが出てきました。その際に気になって賞味期限を確認しようとしたのですが、表示がないことに気が付きました。

そこで今回の記事では、アイスに賞味期限がない理由を調べてみたので、ご紹介します!

アイスに賞味期限がない理由とは!?

アイスはマイナス18度以下で保存するように表記されています。この「マイナス18度以下」という温度は、細菌などが増殖することが極めて少なく、アイスの品質の劣化がしにくいという理由から、農林水産省から賞味期限の表記を省略してもよいとされているのだそうです。

スポンサードリンク

賞味期限と消費期限の違いとは!?

基本的に品質の劣化が早く長期保存ができない食品(お弁当や生菓子など)に対して「消費期限」を設けています。そして品質の劣化が比較的遅く長期に保村がきく食品(レトルト食品・スナック菓子やハムなど)に対して「賞味期限」の設定がされています。

そのため、消費期限を過ぎた食材は安全のために食べないほうが無難ですが、賞味期限に関しては、過ぎたからといって食べられないという訳ではありません。特に消費期限の長い食材であれば、多少は過ぎてしまっても、ほとんど問題ないと言えるでしょう。

冷凍食品には賞味期限があるのにアイスにはないのは何故!?

アイスに賞味期限がない理由は、原材料が少ないため品質の劣化が起こりにくいからです。農林水産省の加工食品品質表示基準では、品質の劣化が極めて少ない食品には賞味期限の表記の省略が認められています。また、日本アイスクリーム協会によると、適切な温度管理のもとで保存するアイスは細菌などの増殖はなく、長期保存しても極めて品質の劣化が少ないとのことです。

そのため、業界団体が定めた「アイスクリーム類及び氷菓の表示に関する公正競争規約と公正競争規約施行規則」によるとアイスクリーム・ラクトアイス・氷菓などには賞味期限を省略する代わりに「ご家庭ではマイナス18度以下で保存して下さい」または「要冷凍マイナス18度以下保存」の表記をするように定めているとのことです。

アイスの味って経年劣化しないの!?

いくら賞味期限がないからと言って、アイスの味は年月と共に劣化しないのでしょうか?冷凍保存の方法や環境にもよりますが、マイナス18度以下での保存を維持できるのであれば、味が落ちることはないと言われています。

ですが、ご家庭の冷凍庫は頻繁に開け閉めしますので、マイナス18度をずっと維持するのは極めて難しいでしょう。そのため、味の劣化が気になる方は、購入後は出来るだけ早めに食べるようにすると良いでしょう。

まとめ

今回の記事では、アイスに賞味期限がない理由をご紹介しました。賞味期限がないと考えると、アイスって究極の保存食だと言えそうですね!

スポンサードリンク

CATEGORY :