コンビニで買える「二日酔いに効く食べ物」まとめ!

スポンサードリンク

年の瀬になり、忘年会など飲み会の多いシーズンがやって来ましたね!飲み会は大好きなのですが、先日は学生時代の仲間との忘年会が平日にあって、翌日は仕事なのに二日酔いで大変な思いをしました・・・。

alcohol-hangover

「同じ過ちは繰り返すまいっ!でも、飲み会には参加したいぞっ!!」ということで、二日酔いに効く食べ物を調べてみたら、コンビニでも手軽に買えるモノが沢山見つかったので、今日はご紹介したいと思います!

二日酔いに効く食べ物①:梅干し

梅干しが二日酔いに効く秘訣は、「ピクリン酸」と「クエン酸」の2つ!

二日酔いの時、体内(特に胃腸)は酸性になっていますが、そこにアルカリ性の「ピクリン酸」を入れることで、上手く中和されて二日酔いの症状が軽くなるそうです。それに、ピクリン酸には、肝臓の昨日を活性化する力もあるんだとか。凄いぞ!ピクリン酸!!

また、二日酔いの時って、疲れが溜まったような身体のダルさがありますよね!そんな時に梅干しを食べると、クエン酸の疲労回復効果が効いて、普段の元気な身体を取り戻しやすいというメリットもあるそうです!

二日酔いに効く食べ物②:しじみの味噌汁

しじみの味噌汁が二日酔いに効く秘訣は、「アミノ酸」「レチシン」「吸収の速さ」の2つ!

しじみに多く含まれている必須アミノ酸は、肝臓機能を修復する機能があります。アルコールを飲み過ぎると、解毒(アルコールの分解)が間に合わずに肝臓に損傷を受けるのですが、それを修復してくれる力があるのです。

味噌に含まれるレチシンという物質には、アルコールが脂肪として体内に蓄積されるのを防ぐ働きがある他、二日酔い予防の定番となっているウコン(クルクミン)の吸収率を高める作用もあると言われています。

しじみの主成分はグリコーゲンですが、これは即効性の高いエネルギー源ですので、吸収がとても早く肝臓の疲労回復を早めてくれます。また、肝臓への負担も少ない食材ですので、二日酔いで胃腸や肝臓が弱っている時に飲食してもOKなのです。

スポンサードリンク

二日酔いに効く食べ物③:トマト・トマトジュース

トマトには、優れた二日酔い解消効果があることが分かっています。トマトに含まれる「リコピン」がアセトアルデヒド(二日酔いの犯人である有害物質)に働きを抑え、「クエン酸」がアルコールで損傷した胃の粘膜を修復し、「GABA」がアルコールで弱った肝臓機能の回復を助けてくれます。

コンビニで買う場合、プチトマトの入ったサラダなどが便利ですし、トマトジュースを飲むのも手軽で良いと思います。

二日酔いに効く食べ物④:ハチミツ

アメリカの研究機関(全米頭痛財団)の発表によると、ハチミツに含まれる果糖には、アセトアルデヒド(二日酔いの犯人である有害物質)を分解する効能があるそうです。スプーン1杯程度のハチミツでも、二日酔いには充分に効果を発揮して、頭痛などの症状を解消することができます。

二日酔いに効く食べ物⑤:柿(コンビニで買えない!?)

柿には豊富なビタミンCが含まれており、肝臓の働きを活性化する効果があります。さらに注目すべき成分として、柿に含まれる「タンニン」と「カタラーゼ」には、アルコールの分解を促進する作用があるそうです。どこのコンビニでも買えるか微妙なところですが、身近で手に入る時にはオススメの食材です。

まとめ

今回の記事では、二日酔いに効く食材ということで、「梅干し」「しじみの味噌汁」「トマト」「ハチミツ」「柿」の5つをご紹介しました!お近くのコンビニに駆け込めば、どれかは手に入ると思いますので、ぜひお試しください!二日酔いに負けずに頑張りましょう〜笑

スポンサードリンク

CATEGORY :