ミニマリストとシンプルライフの違い!プチ体験しよう!

スポンサードリンク

ここ数年、注目されているライフスタイルとして、「ミニマリスト」と「シンプルライフ」という2つの考え方があります。どちらもメディアで取り上げられる機会が増えており、聞いたことのある方もいるのではないでしょうか!?

2011年3月の東日本大震災以降、リスクを最小限に抑える新しいライフスタイルの形として、特に注目されています。実践するかしないかに関わらず、知っておいて損はない考え方です。

今回の記事では、この2つの新しいライフスタイルの違いについて調べてみました!

※尚、この記事を書いている筆者は、ミニマリストとシンプルライフの両方を経験していますので、筆者の経験も交えて記事にしています。

「ミニマリスト」と「シンプルライフ」の違い

まず、ミニマリストとシンプルライフには、どんな違いがあるのでしょうか!?

「ミニマリスト」の定義
minimalist

自分で持ち運べる物だけを所有するライフスタイルです。衣食住の内、「衣」は数日分を所有しますが、「食」は外食や宿泊先での自炊、「住」はホテルやゲストハウスなどです。そのため、自宅や生活家電なども所有しません。バックパッカーなどの長期旅行者は、無意識の内にミニマリストになっているケースが多いでしょう。

「シンプルライフ」の定義
simple-life

不要なものを断捨離して、できるだけ少ない持ち物で生活するライフスタイルです。ミニマリストが自宅や生活家電さえ持たないのに対して、シンプルライフでは自宅も必要最低限の生活家電も持ちます。一般家庭のように、様々なものに囲まれて暮らすのではなく、必要なものだけを所有してシンプルに暮らすライフスタイルです。

スポンサードリンク

必要最低限の持ち物と生活費を知ることができる!

この記事を書いている筆者は、ミニマリストもシンプルライフも経験があります。

2001〜2005年まで、筆者は海外を転々とする生活を送っていたため、スーツケース1個に入る荷物だけで生活していました。スーツケースの中身は、「3日分の衣類」「パソコン」「携帯電話」「財布」「パスポート」「身だしなみ用品」だけでした。当時はミニマリストという言葉は知りませんでしたが、振り返ってみるとミニマリストだったと思います。

また、2005〜2014年まで、筆者はシンプルライフを実践していました。都内に自宅はありましたが、ミニマリストだった際の荷物にプラスして、「寝具」「冷蔵庫」「調理器具」が増えた程度でした。家電は冷蔵庫だけで、テレビも電子レンジもありませんでした。それでも、便利な都会であれば、特に不自由を感じたことはありません。

ミニマリスト4年間、シンプルライフ9年間を経験して最も良かったことは、自分が最低限として必要とする「持ち物」と「生活費」を知ることができたことです。

筆者は、2014年末に海外に引越をし、コンドミニアムを購入して、現在は一通りの生活家電も揃った生活をしています。ですが、先の見えない時代、変化の激しい時代に生きる上で、自分が行きていける最低限の「持ち物」と「生活費」を実体験として把握できていることは、将来への安心感に繋がっています。

プチ・ミニマリスト体験のススメ

日本で生まれ育ち、普通の家庭で物に囲まれて暮らしてきた人にとって、持ち物の大半を処分してミニマリストやシンプルライフを実践するのは、ややハードルが高いと思います。

そこで提案したいのが、「プチ・ミニマリスト体験」です。自宅を所有したまま、持ち物も全部所有したままで構いませんので、自分が最低限必要だと思うものだけをスーツケースに詰めて、2週間ほど自宅を飛び出すのです!

学生であれば、夏休みや春休みに海外に出掛けるのが良いでしょう。2週間程度なら、LCC(格安航空会社)と安宿(ゲストハウス)を利用すれば、10万円程度の予算でも可能です。行き先は、生活し易い東南アジアの都市部がオススメ。

仕事のある社会人なら、職場近くのゲストハウスや安ホテルに2週間ほど滞在してみましょう。ここ数年、日本各地にゲストハウスがオープンしていますので、1泊2000円台で泊まれる宿は沢山あります。5万円ほどの予算で、充分実現できます。

実際に、「プチ・ミニマリスト体験」をしてみると、自分が思っていたよりも少ない持ち物で、意外なほど不自由なく快適な生活を送れることに驚くことでしょう。自分が快適に生活できる最低限の「持ち物」と「生活費」を知ることは、将来への安心感に繋がります。起業したり、夢を追いかけたり、よりチャレンジングな人生の選択をできるようにもなります!

まとめ

自分のライフスタイルを見つめ直すキッカケとして、この記事が参考になれば幸いです。興味のある方は、ぜひ「プチ・ミニマリスト体験」をしてみてください!

photos by blogstockphoto.com, becomingminimalist.com

スポンサードリンク