熊本の紅葉情報2016!見ごろ&名所スポット一挙紹介!

スポンサードリンク

2016年4月14・16日、熊本県にて大規模な地震が発生しました。

この記事で紹介する地域、及び交通の途中には、今回の地震の影響の残る場所もあるかもしれません。ご自身の安全を第一に、安全確保できる紅葉スポットにお出掛けになってください!

地震から半年が経過した紅葉シーズンには、熊本県内もかなり落ち着きを取り戻しているはずですので、飲食店や土産物店などでお金を使ったりすると、被災地を応援することにも繋がると思います!

秋の行楽と言えば「紅葉狩り」ですよね!自然の美しさと荘厳さを感じる良い季節です。

さて、今回は九州地方の中でも紅葉の名所の多い熊本県にスポットを当てたいと思います!

主要な紅葉スポットを見ごろ時期と併せてご紹介します!

菊池渓谷(熊本県・菊池市原)

kikuchikeikoku

菊池渓谷は、阿蘇くじゅう国立公園特別保護地区で、名水100選にも選定されている菊池水源もある自然豊かな場所です。現在でも手付かずの自然が残されており、「渓谷美の極地」と称されるほどの絶景です。赤く染まったカエデやイチョウの葉と、コバルトブルーの渓流の美しいコントラストを眺めながらのトレッキングがオススメ。

  • 住所:熊本県菊池市原
  • アクセス(電車):JR熊本駅から熊本電鉄バス約70分「菊池温泉」下車後、タクシーで30分
  • アクセス(車):九州道植木ICから約50分、熊本空港から車約1時間(有料駐車場あり)
  • 料金:清掃協力金として高校生以上1人100円
  • 例年の見ごろ:10月下旬〜11月中旬

熊本城(熊本県・熊本市中央区)

kumamoto-castle

熊本城は、日本三名城の一つと言われ、国の特別史跡にも指定されています。別名「銀杏城」とも呼ばれるほど、天守閣前のイチョウの紅葉は美しく、観光客にも熊本市民にも大人気。熊本の紅葉スポットで最もアクセスが良く、秋の風情を感じながら気軽に散策を楽しめます。

  • 住所:熊本県熊本市中央区本丸1-1
  • アクセス(電車):JR熊本駅から市電約10分「花畑町」下車徒歩約10分
  • アクセス(車):九州道熊本ICから約45分(有料駐車場あり)
  • 例年の見ごろ:11月上旬〜中旬
スポンサードリンク

球磨川流域(熊本県・人吉市、球磨郡球磨村)

kuma-river

熊本県を流れる球磨川流域は、例年11月上旬頃から紅葉が見られます。球磨川沿線を走る国道219号線をドライブしながら紅葉を楽しむのがオススメ。また、球磨川を舟で下りながら紅葉を楽しむこともできます。急流コース(渡発船場から球磨村球泉洞下、全長10km、所要1時間30分)とショートコース(人吉発船場からくまがわ荘、全長1km、所要30分)の2コースあり。

  • 住所:熊本県人吉市または球磨郡球磨村など
  • アクセス(電車):JR人吉駅から徒歩約20分(球磨川沿岸の人吉城跡)
  • アクセス(車):九州道人吉ICから約10分
  • 例年の見ごろ:11月中旬〜12月上旬

蘇陽峡(熊本県・上益城郡山都町)

soyoukyou

蘇陽峡は、深さ約200mの断崖絶壁が約10kmにも渡って続く、日本では非常に珍しいU字渓谷で、「九州のグランドキャニオン」とも呼ばれます。特に、「長崎鼻展望台」から見渡す五ヶ瀬川と渓谷の紅葉は絶景です。

  • 住所:熊本県上益城郡山都町長崎・花上
  • アクセス(車):九州道御船ICから約2時間(無料駐車場あり)
  • 例年の見ごろ:11月上旬〜中旬

肥後耶馬渓(熊本県・熊本市西区)

higoyabakei

奇岩が多く、木々や渓谷が織りなす景色が大分県の耶馬溪に似ていることから、「肥後耶馬溪」と呼ばれています。宮本武蔵が五輪書を記したことで有名な霊巌洞(れいがんどう)などもあり、歴史と自然の両方を味わえるスポットです。熊本市内からのアクセスも良く、気軽に立ち寄れます。

  • 住所:熊本県熊本市西区松尾町岩戸
  • アクセス(車):熊本市内から約30分(駐車場はなし)
  • アクセス(バス):産交バス「岩戸観音入口」下車徒歩約20分
  • 例年の見ごろ:11月中旬〜下旬

まとめ

今回の記事では、熊本県の紅葉スポットをご紹介しました!九州地方の中でも特に自然豊かな熊本には、手付かずの大自然が沢山残っています。ぜひ今年の秋は、熊本に足を運んでみてください!

photos by kasuga, kumamoto-icb.or.jp, nocchan_n, yamato-tour, Naver

スポンサードリンク

TAG :