関門海峡花火大会2016!日程・穴場スポット大公開!

スポンサードリンク

西日本最大級の花火大会と言えば関門海峡花火大会ですよね!

九州と本州を隔てる関門海峡で行われる大規模な花火大会で、福岡&山口の両県を中心に、毎年多くの見物客が訪れる夏の風物詩です。

2016年の開催も決定しましたので、日程や穴場スポットなどをご紹介します!!

関門海峡花火大会とは

kanmon-hanabi-01

関門海峡花火大会は、関門海峡の両岸である北九州市門司区と山口県下関市との共同開催される花火大会です。

西日本最大級の花火大会で、毎年120万人もの見物客が訪れます。1985年から始まったイベントで当初は門司と下関で別々のイベントでしたが、1988年より「アジアポートフェスティバル in KANMON」となり、関門地区の合同イベントとして毎年8月13日に開催されています。

開催概要

開催日時は2016年8月13日(土)19:50〜20:40です。

開催場所は、山口県側は「下関市唐戸あるかぽーと地区および22号岸壁周辺」福岡県側では「北九州市門司区西海岸埋立地」になります。

門司側は大玉の連発音楽花火、下関側は尺5寸の大玉打ち上げと水中花火などが観られます。門司・下関の合計で約13000発の打ち上げ数を誇り、夏の夜空に打ち上がる花火をたっぷり堪能できます。

スポンサードリンク

アクセス情報

門司側のアクセス方法はJR門司港駅から徒歩5分、下関側へのアクセス方法はJR下関駅から徒歩15分です。

どちらの会場に行く場合も、JR駅の改札を出たら大勢の見物客の流れがありますので、人の流れに沿って進めば、見物会場まで辿り着くことができます。道順などの下調べは不要でしょう。

駐車場はある?

下関側はJR長府駅前の下関市競艇場の駐車場(当日17時〜深夜0時まで)をご利用下さい。門司港側はJR門司港駅の側が会場で付近は大変混雑しますので、車で行く場合は小倉駅周辺などで駐車してから電車で行くのをオススメします。

有料観覧席の概要・種類・購入方法

有料観覧席は下記の5種類です。実行委員会のサイト(http://hanabi.moji-retro.com/)にて詳細が発表されます。

《特別協賛席S席》
こちらの席は会場から打ち上げ場所が最前席で観られる指定席で、障害物がないので花火を存分に楽しめます。一口15,000円で5人席ですので、一人あたり3000円になります。(上記の実行委員会サイトにて販売予定)

《特別協賛席》
こちらは特別協賛席S席の後ろになります。一口1万2000円で5人席ですので、一人当たり2400円になります。(上記の実行委員会サイトにて販売予定)

《ペア席》
こちらの席は特別協賛席の後ろになり、イスが2席ごとに並べられています。自由席になるので場所取りはお早目に!一口6000円で2名分ですので、カップルにお薦めです。(上記の実行委員会サイトにて販売予定)

《環境整備協力席A席》
こちらは特別協賛席の後ろになりペア席のエリアの隣になります。一人当たり1000円です。(当日販売のみ)

《環境整備協力席B席》
こちらは会場の一番後ろの席になります。一人当たり500円になります。(当日販売のみ)

※環境整備協力席はA席・B席共にシートを敷いて座るエリアになりますが、エリア内でビニールシートの販売もされています。

kanmon-hanabi-point

穴場スポット(門司側&下関側)

kanmon-hanabi-02

門司側の穴場スポット

  • ノーフォーク広場:左手に門司港側、右手に下関側から打ち上がる花火を同時鑑賞できる
  • めかりパーキングエリア:下関側の花火も観られるのがポイント
  • 片上海岸:下関の夜景と花火が同時に楽しめるオススメのスポット
  • 風師山の展望広場:開門海峡を上から一望でき、花火がとても綺麗に観られる
  • 九州鉄道記念館(西駐車場):車を駐車したまま花火を鑑賞できる

下関側の穴場スポット

  • 火の山公園:山頂から瀬戸内海や日本海が一望できるので人気のスポット
  • 巌流島:両会場の中間地点に浮かぶ島なので、かなり迫力ある花火が観られる
  • 戦場ヶ原公園:展望台だけでなく駐車場からも観られる
  • 海響館:ガラス張りになっているので、クーラーの効いた涼しい環境で花火鑑賞ができる

まとめ

今回の記事では、関門海峡花火大会をご紹介しました。西日本最大級のイベントで夜景も一緒に楽しめるので、夏の夜のレジャーには絶好のイベントです。

かなり混雑しますので、事前に穴場スポットを調べたり、有料観覧席を購入したりして、楽しい夏の思い出になることを祈っています!!

photos by タロイモ, althea roe

スポンサードリンク