大濠公園花火大会 in 2016!日時と穴場スポットは!?

スポンサードリンク

福岡市民の夏の風物詩を言えば、「大濠公園花火大会」ですよね!

九州では最大規模の花火大会で、正式名称は「西日本大濠花火大会」と言います。大濠公園を舞台に約6000発の花火が夏の夜空を彩る光景は、毎年約45万人もの見物客を楽しませてくれます。

ohori01

さて、今回の記事では、2015年の大濠公園花火大会の日時や穴場スポットなどを調べてみました!

大濠公園花火大会 in 2015 の日時は!?

2015年の日程は、8月1日(月)20:00〜21:30です。

大濠公園花火大会は、曜日に関わらず、毎年8月1日に開催されています。2016年は、8月1日が月曜日ですので、雨天の場合は8月2日(火)に順延されます。どちらにせよ、平日の開催ですので、学校や職場の友人と連れ立って出掛けては如何でしょうか!

スポンサードリンク

会場へのアクセスは!?

花火大会の会場「大濠公園」へのアクセスは、下記の駅になります。どの駅からアクセスしても、当日は大勢の人出で賑わっていますので、人の流れに沿って進めば、会場まで辿り着きます。

        
  • 福岡市営地下鉄「大濠公園駅」徒歩3分
  • 福岡市営地下鉄「六本松駅」徒歩10分
  • 空港線「唐人町駅」徒歩5分
  • 上毛電気鉄道「赤坂駅」徒歩7分
  • 西鉄バス「黒門・大濠公園」バス停から徒歩5分

大濠公園の駐車場

大濠公園の駐車場は、公園の北側にありますが、花火大会の当日はすぐに満車になります。よほど早く出掛けなければ、駐車することはできないでしょう。福岡市民の方は、電車やバスなどの公共交通機関を利用することをオススメします!

遠方から行く方は、博多駅や天神駅の周辺の駐車場に停めて、そこから電車で行くのがオススメです。今年は土曜日の開催ですので、市内のホテルを予約すれば、車も停められますし、ゆっくり花火大会を楽しめますよ。

大濠公園花火大会には有料席もあります!

大濠公園花火大会では、「平和台陸上競技場」と「舞鶴公園西広場」に有料席が設置されます。どちらも会場の大濠公園からは少し離れていますが、福岡市は大都市にも関わらず高層ビルが少ないので、どちらの会場からも大迫力の花火大会を鑑賞できます!

  • (平和台陸上競技場)大人1000円、小人500円
  • (舞鶴公園西広場)グループシート:1区画4名8400円、ペアシート:1区画2名4200円

※有料席のチケットは、2016年7月1日より、ファミリーマートとイープラスにて購入可能です。

無料で鑑賞するなら!穴場スポット3選をご紹介!

護国神社の芝生広場

大濠公園から国道を挟んだ向かい側にある「護国神社」の芝生広場。 会場の大濠公園とは目と鼻の先なのに、国道を1本挟むだけで、一気に人混みが少なくなり、ゆっくり鑑賞することができます。ここ数年は「穴場スポット」として注目されつつありますが、まだまだ会場の大濠公園よりオススメ!

福岡城址(舞鶴公園)

高台からの鑑賞スポットとして、カップルなどに大人気。福岡市の夜景をバックに打ち上がる花火は、人混みの大濠公園で見る花火とは一味違った楽しみを与えてくれます。 今年は土曜日の開催ですので、午後から舞鶴公園に行楽に出かけて、そのまま花火大会を鑑賞するコースがオススメ!

片江展望台

打ち上げ場所の「大濠公園」から距離はありますが、油山の中腹にある片江展望台から見る福岡市街の夜景は超絶景!花火と夜景のコラボレーションは、とてもロマンチックな雰囲気でカップルにオススメ! 駐車スペースが20台分しかないので、当日は夕方早めの時間に行くと良いでしょう。会場周辺の喧騒から離れて、ゆっくり花火を鑑賞できる一押しスポットです!

まとめ

大濠公園花火大会の日時や穴場スポット、有料席などをご紹介しました。福岡の夏の風物詩をぜひ楽しんで下さい!

photo by kariud.exblog.jp

スポンサードリンク