赤ちゃんが風邪を引いたら?症状別の対処法を徹底解説!

スポンサードリンク

赤ちゃんが産まれたら、親として気になるのは健康管理ですよね!特に身近な病気である風邪は要注意です。

新生児の赤ちゃんは生後6ヶ月までは、お母さんから受け継いだ免疫があるので、一般的に風邪を引きにくいと言われています。ですが、だいたい6ヶ月を過ぎる頃から本当によく風邪を引く子が多いです。

baby-with-mother-hand

またその頃には歯が生え始める子が多く、歯の生え始めに起こる症状は、風邪の症状とよく似ています。私の息子も風邪が治ったと思ったら、また同じような症状が出て、風邪なのか歯の生え始めの症状なのか、区別が難しかった記憶があります。

さて、今回の記事では、そんな赤ちゃんの風邪の症状について掘り下げてみたいと思います!

赤ちゃんに急な熱が出た時の対処法は!?

赤ちゃんは本当に高熱を出しやすいものです。

特に初めての子育ての場合だと、39〜40℃の熱が出ると親はビックリして焦ってしまいます。赤ちゃん本人も初めての高熱はツラいでしょうし、親としても動揺してしまうものです。小さな体で高熱がでると可哀想で早くなんとかしてあげたいですよね。

まず一番にすべきなのは水分補給です。高熱が出ることによって脱水しやすくなるので、普段以上にこまめに水分補給してあげることが大切です。また、身体の小さな赤ちゃんにとって、高熱はとても体力を消耗するものですので、赤ちゃんにも使える解熱剤を使って様子を見るのも良いでしょう。

月齢別に対処法は違ってきますので、下記を目安に考えると良いと思います。(但し、少しでも不安を感じる場合は、病院に行くのが一番です!)

  • 3ヶ月未満:すぐに病院に連れて行きましょう
  • 6ヶ月未満:様子を見て他に症状がないか確認してみて下さい
  • 6ヶ月以上:他の症状がなければ、2〜3日様子をみて下さい

赤ちゃんの咳が出る時の対処法は!?

赤ちゃんの咳が出るのには、様々な原因があります。

まず、気温差が大きい時や、空気が乾燥している時には、咳が出やすくなります。部屋の空気を入れ替えて、加湿器やエアコンなどを使って、赤ちゃんにとって快適な温度調節をしてあげましょう。赤ちゃんが咳を頻繁にする場合は、喉を潤すための水分補給もこまめにして下さい。

風邪が原因で咳をしている場合は、症状が悪化しないように気を配って下さい。ゼイゼイやヒューヒューという呼吸をしだしたら、すぐに病院に連れて行きましょう。赤ちゃんは自分の意見を言えないので、親がちょっとした変化を汲み取ってあげることが必要です。

また、歯の生え始めの時期には、余分に唾液が分泌されるため、それが原因で咳ごむ赤ちゃんもいます。親としても判断の難しいところですが、あまりにも気になる場合は、一度病院に連れて行くと良いでしょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの鼻水・鼻詰まりが続く場合の対処法は!?

赤ちゃんは口呼吸が上手くできないので、鼻呼吸が中心になります。そのため、鼻水・鼻詰まりは大人が考えるよりも苦しいものです。

一番良い対処法は、お風呂に入れてあげることです。湿気で鼻の通りが良くなり、鼻粘液が出てきますので、赤ちゃんもスッキリします。また、お風呂あがりにホットタオルで赤ちゃんの鼻の付け根を温めて、鼻水吸引器を使ってあげると、鼻粘液がキレイに取れます。

母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんなら、授乳前に生理食塩水の鼻スプレーを1〜2滴しておくと、授乳の際に鼻粘液が喉に流れるので、鼻詰まりが解消されます。

赤ちゃんの下痢がひどい時の対処法は!?

赤ちゃんが下痢をしているかどうか、親が判断するのはちょっと難しいかもしれません。母乳やミルクを飲んでいて、柔らかい便になっていることが多く、赤ちゃんの便は大人の便ほど固くないですので。

また、月齢によって便の回数の多い少ないはありますが、明らかに月齢に合わない回数の便が出ていて、普段よりかなり緩い便の場合は、下痢の可能性が高いと思います。親が判断できない微妙な場合は、病院に連れて行くと良いでしょう。

下痢は脱水症状を引き起こす原因になりますので、こまめに水分補給をしてあげて下さい。

そもそも、赤ちゃんの風邪の原因とは!?

200種類以上もあるウィルス・細菌などに感染することで引き起こされるのが風邪です。抵抗力の弱い赤ちゃんは、とてもウィルス・細菌に感染し易いので、寝冷えなどちょっとしたことで風邪を引いてしまいます。

赤ちゃんの風邪の原因を突き詰めて考えても、全てを避けることは困難ですので、室内の換気をしっかり行い、赤ちゃんの体温を快適な範囲に維持するように努めることです。それでも風邪を引いた場合は、早めの対処をしてあげて下さい。

赤ちゃんの風邪、病院に連れて行く判断基準は!?

風邪の症状は色々とありますが、咳が悪化すると一大事になる可能性があるので、少しでもゼイゼイやヒューヒューという呼吸をしていたら、すぐに病院に連れて行きましょう。

また、高熱は赤ちゃんの体力を消耗しますので、すぐに病院に連れて行きたくなりますが、必ずしも危険な状態ではありません。赤ちゃんは基本的に体温が高いので、高熱を出しやすいのです。ですから、月齢にもよりますが、他の症状(元気がない、食欲がない、咳がひどい、鼻水がひどい、様子が普段と違うなど)がなければ、2〜3日ほど様子を見ても大丈夫です。

まとめ

赤ちゃんの風邪は、本当に頻繁に起こります。親としては、早くなんとかしてあげたいですよね。

冒頭でも触れましたが、生後6ヶ月頃を越えた赤ちゃんは、歯が生え始めることから、色々な症状が発生します。かぜの症状にとても似ており、風邪との判断が難しいものです。赤ちゃんの様子をよく観察して、素早く適切に対処してあげてください。

スポンサードリンク

CATEGORY :