生花を長持ちさせる5つの方法!自宅ですぐ実践!

スポンサードリンク

お仏壇に供えたり、食卓に飾ったり、自宅に生花がある家庭も多いのではないでしょうか!?

私は一人暮らしですので、自宅に生花はありませんが、実家には祖母が同居しているので、お仏壇にいつも生花があります。

flower01

さて今日は、そんな生花を長持ちさせる方法を調べてみました!この記事では、自宅ですぐに実践できる5つの方法をご紹介します!

生花を長持ちさせる5つの方法

方法①:水に氷を入れる

生花の水に氷を入れると、長持ちさせることができます。気温が低いと植物の気孔が閉じるので、水分の蒸発が抑えられ、瑞々しい状態が続きますので、結果として花が長持ちするのです。

あなたも「夏より冬の方が生花が長持ちするな」と思ったことはありませんか?それは、気温が関係しているのです。ですので、特に夏場は氷を入れると有効です。

方法②:茎の先端を切る(数日に1回)

花瓶の水温が上がると、水の中でバクテリアが繁殖します。バクテリアが茎の切り口の周辺に付着すると、植物を弱らせる原因になるのです。そのため、数日に1回のペースで茎の先端を切り直すと良いでしょう。

何度か茎の先端を切り直すことを想定して、茎の長さをちょっと長めに取っておくと良いでしょう。お花屋さんで花を買う時には、ぜひ「茎を眺めにお願いします!」と言ってください。

方法③:水を毎日交換する

植物も呼吸をしています。水を何日も放置しておくと、水分中の酸素が減って、植物が呼吸できなくなります。また、長期間放置した水の中ではバクテリアが繁殖するため、花の寿命を縮めることになります。水は毎日交換しましょう!

スポンサードリンク

方法④:漂白剤を入れる

花瓶の水に漂白剤を入れると、殺菌作用で細菌の繁殖を抑え、水の腐敗を防ぐことができます。その結果、生花を長持ちさせることができます。入れ過ぎると逆効果ですので、1〜2滴ほどで充分です。

方法⑤:市販の切花延命剤を入れる

市販の切花延命剤を入れることも効果的です。一般的な切花延命剤には、糖分と殺菌成分が入っています。殺菌作用に関しては、前述の漂白剤と同様ですが、糖分に関しては、延命効果(植物の老化抑制)がありますので、少しでも長持ちさせたい場合は、ぜひ利用してください。最近は、サービスで付けてくれる花屋さんもあります。

まとめ

この記事では、生花を長持ちさせる5つの方法をご紹介しました。ご自宅ですぐに実践できる方法が中心ですので、ぜひ参考にしてください!

スポンサードリンク

CATEGORY :