郵便物に切手を貼り忘れ!差出人に戻る?受取人に請求?

スポンサードリンク

先日、公私ともにお世話になっている方へ手紙を書いた時に、ポストに投函後に切手の貼り忘れに気が付きました。

post

自宅に返送されれば良いのですが、相手方に配達され、その場で料金を請求されてしまい、ちょっと冷や汗ものでした。。。

今回の記事では、切手貼り忘れの際に、「差出人に戻るパターン」と「受取人に請求されるパターン」の分かれ目について調べてみました!

差出人の住所を記載しているかどうか

切手の貼り忘れの際、郵便物が差出人に返却されるかどうかは、「差出人の氏名・住所の記載があるか」が大きな基準になります。考えてみれば当然のことですが、差出人が不明の場合は、返却することはできませんよね。

この場合は、郵便物は宛先に届けられ、受取人に料金が請求される流れになります。切手を貼り忘れるシチュエーションを考えると、急いでいて差出人の氏名・住所も書き忘れているケースも少なくない気がしますね。

「差出人の住所」と「投函したポスト・郵便局の集配管轄エリア」が同じ場合

「差出人の住所」と「投函したポスト・郵便局の集配管轄エリア」が同じ場合は、切手の貼り忘れや料金の不足などがあったら、差出人の元に郵便物が返送されます。

例えば、差出人の住所が東京都港区南青山で、投函したポストも南青山にあれば、郵便物を回収した管轄の郵便局が、差出人の地域に配達を行っていますので、基本的には差出人に郵便物が返却される流れになるのです。

「差出人の住所」と「投函したポスト・郵便局の集配管轄エリア」が異なる場合

「差出人の住所」と「投函したポスト・郵便局の集配管轄エリア」が異なる場合は、切手の貼り忘れや料金の不足などがある場合でも、差出人の元への返却は行われず、受取人に料金が請求されます。

例えば、差出人の住所が東京都港区南青山で、投函したポストが職場や学校のある他の地域だった場合、郵便物を回収した管轄の郵便局は、差出人の地域に配達を行っていませんので、通常通り郵便物を配達した上で、受取人から料金を徴収します。

スポンサードリンク

切手の貼り忘れに気付いたら、郵便物を取り戻すことは可能なのか!?

郵便物を投函後、早い段階で切手の貼り忘れに気付いた場合は、「自分が郵便物を投函したエリアの集配局」もしくは「郵便物の送り先のエリアの集配局」のどちらかに電話すると、郵便物を局内で取り置きしておいてもらえます。

すぐに取り置きされた郵便局に出向いて、規定の切手や料金を払えば、送り先に料金を請求されるという失態を避けることができます。但し、タイミングによっては、すでに配達に出た後という場合もありますので、確実に回収できる訳ではありません。

切手貼り忘れで受取人に料金請求される場合は「受取拒否」の権利があります!

切手貼り忘れや料金不足などによって、受取人に料金が請求される場合、受取人には「料金を払いたくないから、郵便物の受取を拒否する」という権利があります。友人・知人や仕事上の取引先などからの郵便物なら、大抵の場合は料金を払って受け取ると思いますが、DMなどの宣伝目的の郵便物の場合は、受取拒否もアリだと思います。

まとめ

今回の記事では、切手貼り忘れや料金不足の際に、「郵便物が差出人に戻るパターン」と「受取人に届けられ料金請求されるパターン」の分かれ目について調べてみました!

お世話になっている方や仕事の取引先などに、金銭的なことで失礼を掛けることのないように、郵便物の投函前には切手の確認を確実にしたいところですね。

スポンサードリンク

CATEGORY :